2015年06月06日

【銀行への就職C】商工組合中央金庫

学生さんとお会いする中で、
今年も商工中金さんや一部の地銀が採用活動を始めているらしいと聞くことが増えてきました。

例年地銀や商中さんは少し早い時期から選考を始めていますからね。

今回は、商工組合中央金庫、通称商工中金の選考過程の紹介と強み、弱みをまとめました。

強み弱みについて、詳しくは同行のIRサイトへ。
<強み>
・中小企業専門の金融機関としては世界最大規模。
・政府系金融機関として、株式の50%を日本政府が保有。
 危機対応業務などの制度融資の取り扱いが可能。
・全都道府県に支店がある
・創業以来、名前が変わっていない。
 ちなみに、名前が変わっていない銀行は、日本銀行、農林中金、商工中金の3行のみ。

<弱み>
・収益の源泉となるべき国内預貸金利回りの低下
→国内金融機関はどこも同じ傾向
・貸出より預金量が少なく、債券を発行して資金調達をしている。
→調達金利が高く、金利競争力で劣る
・支店数が少なく、利便性に欠ける
・メインバンクにはなれない

<選考過程>
※選考過程が毎年変わっているので、
 今年が例年と同じように進むとは限らないことだけ注意して下さい!!

商工中金は昔ながらの学歴主義です。
そして、リクルーター制により大部分を採用し、一部オープン採用をしています。

商工中金の場合は、リクルーター採用をする大学の場合、
各大学で何名を採用するかという枠が設けられているという点です。

大学内での競争倍率は、大体20倍〜30倍程度。
ちなみに、各大学別の総合職(地域限定総合職含む)採用人数のうち、
旧帝+早慶上智関関同立で全体の6割程度を占めるようです。

1.リクルーター面接×2(6月中旬〜下旬)
大体、プレエントリーか何かしらの説明会、セミナーを受けていれば、電話があります。
非通知です。

1回目は、若手職員と、学生数人で。
質問をしっかり考えておけばいいでしょう。

受けた次の日に、ほとんどの人は2回目の案内が来ます。

2回目は、がっつりと面接です!
8年目〜10年目の中堅職員と学生2人です。

志望動機と自己PRを言わされ、それに対する質問をいくつかされます。

ここで、バッサリと人数を落とすようです。

2.筆記試験(7月中旬)
2回目の面接の後、しばらく放置されます。
忘れた頃に突然電話があり、テストセンターの案内をされます。

3.人事面接(7月下旬〜8月初旬)
同じ日に、30分の人事面接を2回行います。

これが実質的な最終面接となります。

1回目面接では、自己PRやESのことについて聞いてきます。
2回目面接では、学業関係、志望動機、仕事をするにあたっての注意点の説明をされます

これで通過している場合には、次の日に役員面接の案内があります。

4.役員面接(8月初旬)

役員1人と学生数人で面接です。

志望動機といくつか簡単な質問をされます。
基本的に、何か言えれば大丈夫です。

問題なければ、1人ずつ人事の人に呼ばれて、
その場で事実上の内々定を言い渡されます。

そして、後日リクルーターの担当となっている店舗から電話があります。

5.支店長(次長)面接(8月初旬〜中旬)

支店長か次長と学生1人で面接・・・というか面談です。
簡単な志望動機を言って、簡単な同意事項を確認。

問題が無ければ、その場で内々定を言い渡され、
内々定者懇親会の案内があります。

大体5分で終わります。

これが商工中金の選考過程です。

一番大事なことは、
第一志望であると強く印象付けること。

そして、
営業として、日本の中小企業を支えたいとしっかり伝えることだと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 23:05| Comment(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【こだわりの逸品】Cartier Diabolo ST180010【ボールペン】

以前、スーツは相手への最低限の気遣いだという理由で、
オーダーメイドスーツを着ているという記事を書きました。

その他にも、仕事で使っている持ち物や日常生活で使っている物にはこだわりもって、
末永く使える愛着のある物を買うようにしています。

だからこそ、値段は高いものも結構あります。
ですが、愛着があるので大事に使いますし、結局長持ちするんですよね。

そんな愛着のあるこだわりの逸品をちょっとずつですが紹介していきたいと思います。

今回はカルティエのボールペン、CARTIER Diabolo ST180010です。
IMG_2383-2.JPG

私は5年程前にイタリアで購入したのですが、
私が担当している企業の社長の中でも所有率は結構高いです。

その理由は、
まず、その洗練されたデザイン。
シンプルですが、とても美しいです。
シンプルなので飽きることがありません。

そして、何よりも抜群の書き心地の良さ。
単なるブランド物の高級ボールペンだと書き心地に難があるものが多いのですが、
このDiabolo ST180010は抜群の滑らかさです。

お客さんにも契約のサインの時に使って貰っていますが、
デザインだけでなく、書き心地がいいと皆さん褒めて頂くことが非常に多いです。

お値段はメーカー希望価格で5万円前後と高額ですが、
きちんと手入れすれば一生使えます。
そして、5万円を支払う価値は十分あります。

是非、Cartierのお店で手にとって試し書きしてみて欲しい逸品です。
CARTIER Diabolo ST180010
※アマゾンサイトへリンクです。
posted by 現役銀行員 銀次 at 22:27| Comment(0) | こだわりの逸品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】銀行員は潰しがきかない職業

今年も採用活動の一環で就活生と会う機会が増えています。

たまに銀行員の転職活動が話題になることがあります。
その会話の中で、とりあえず銀行員になれば転職もし易いと考えている学生が多いことにビックリさせられます。

はっきり言って、一部のセクションで働く行員を除けば除けば銀行員の転職活動は不利です。

そもそも、銀行の総合職は泥臭い営業しか出来ません。
ビジネスマンの基本であるWord、Excel、PowerPointなどを使う機会はほとんどありません。

なので、転職活動をしたとしても、まず経理などの事務職は無理。
また営業の仕事しか選ぶことが出来ません。

コンサルタント会社という選択肢もありますが、
先程も書いたように泥臭い営業活動しかしていなければ、頭を使った提案営業を行う機会もありませんから、
コンサルタントとして使い物になりません。

もし、銀行員がコンサルタントへの転職を目指すなら、
社会人3年目までに行うべきです。
そこまでであれば、新卒でコンサルタント会社に就職した人に何とか追いつけるかも知れません。

潰しが効くから銀行に就職する、という安易な考えの学生はかなりの割合で存在します。
しかし、実際には転職活動は難しいですし、給料も殆どの場合下がってしまいます。

そのような事実も十分考慮して、就職先は慎重に選んでほしいと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 21:23| Comment(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。