2015年05月05日

面接の最後に質問はありますか?に何と言うか

営業の後輩に指導することが多いのですが、質問のレベルが低いと思うことがよくあります。

私は、質問には良い質問と悪い質問があると思っています。

良い質問とは、人間関係を良くする質問
悪い質問とは、人間関係を悪くする質問

皆さんは今まで、質問に対する答えは習ってきたと思いますが、『質問の方法』までは習ったことが無い人が大半では無いでしょうか。

質問に関する書籍も色々出ていますが、まずは質問する前に『この質問は人間関係を良くする質問か』ということを考えてみるといいと思います。

タイトルに戻りますが、面接で『最後に質問はありますか?』とほとんどのケースで聞かれると思います。

皆さんはどう思っているかわかりませんが、採用担当者はこの質問の内容を非常に重視しています。

そして質問の内容次第で合否が決まるケースも良くあります。

最悪の質問内容は、
御社の福利厚生を教えて下さい
御社ではサービス残業はありますか
御社には育児休暇制度はありますか
など、採用ページに載っていることや、法律で守らなければならないことなど、
『何で今更その質問?』と思う内容です。

おそらく、まともな会社はこの質問をされれば面接評価をかなり下げる、もしくは、それまでいくら評価が高くても不採用にするケースもあります。

ちなみに私は面接官の方が働く理由を聞いていました。

皆さんも、是非最後の質問には注意して下さいね!
posted by 現役銀行員 銀次 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。