2015年05月06日

リクルーター制度について

売り手市場の昨今、
リクルーター制度を導入、もしくは復活して学生さんとの接点を増やす企業が増えています。

リクルーター制度を採用している企業としては、
トヨタ
三井住友銀行(総合職はリクルーター採用のみ、非公表)
パナソニック(一部、非公表)
商工中金
高島屋などなど・・・
金融系や、ゼネコン系で多いような気がします。

公表はしていなくても、
ひっそりやっている企業は思っている以上に多いのではないでしょうか。


そもそも、

リクルーター制度とは何かご存じでしょうか。

リクルーターとは採用時期に人事担当者の補助業務として任務にあたる社員のことです。
実際には、大学のOB・OGがなることが多いようです。

リクルーターは人事部から指示を受けた社員のことで、リクルーターから人事担当者へ報告が行くということになります。

つまり、リクルーターによる人事への報告次第で、選考の結果が大きく変わってくるということです。

リクルーター制度を採用している企業を受ける場合、
誰がリクルーターか分からないことも良くあります。

「これはリクルーター面接です」
などと言われることはまずありえないので。

「少人数の説明会、懇談会」「質問会のご案内」などと言われるケースがほとんどではないでしょうか。

いつ誰に評価されているか分からないと常に意識して、好印象を与えられるような行動をして下さいね。


次は、リクルーター制度の是非について書きますね。
posted by 現役銀行員 銀次 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418487940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。