2015年05月07日

【WEBテスト】裏に潜む企業の思惑

WEBテストは、毎年様々なテストが投入されていますが、

昔からの有名所は、
玉手箱
WEBテスティングサービス
TG−WEB
の3つあたりでしょうか。

どれも、SPIノートの会シリーズで対策すれば十分だと思います。

協力プレーで乗り切って下さい!

前回の記事でも書きましたが、
替え玉も横行するWEBテスト、果たして何のために存在しているか?

友人や他社の人事担当者が口を揃えて言っていたのは、

「学歴フィルター」をかけるためです。

その証拠に、とある企業のWEBテストで、私の大学の後輩の中にWEBテストに落ちた人はいませんでした。
しかし、他大学の友人が落ちていました。(決して彼が頭が悪いということはありません!!)

というよりも、
企業はWEBテストで所謂頭のいい国私立大学の人を落とせるわけがないからです。

それは、WEBで受験できる便利さゆえに起こることなのですが
WEBテストは誰が受験しているか分からない

すなわち、本人が受けているか分からない。

もっと言えば、何人で受けているかすら分からないのです!!!

上に挙げたテストは、
テスト開始直後からひとつの画面で全ての問題を最初から見ることが出来ます。

つまり、
本人が最初から、友達が最後から解けば、本来の半分の時間で全問回答が可能になるのです。


また、
パソコン上で受験可能=画面のキャプチャー可能

つまり、
問題入手=受ける前から答えが分かるのです。

実際、上記の大学では当たり前のようにWEBテストの問題が出回っています。

今回紹介したのは、数あるWEBテストの裏技(落とし穴)のごく一部に過ぎません。

そして、
もちろんこれを勧めるつもりはありません。
一応、規定では禁止事項ですので。

最も、これを実行する学生だけが悪いのではありません。
これを作っているテスト会社にも責任があると私は思います。

問題数が圧倒的に少なく、問題がすぐに被ること。
しかも、同じ問題を何年も使いまわしています。

テスト会社は企業から相当高額なお金を取ってテストを実施している訳ですから、
怠慢と言われても仕方ありません。

もっとしっかりとしたものを提供して欲しいと常々思ってしまいます。
posted by 現役銀行員 銀次 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI 筆記試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418562722
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。