2015年05月16日

【銀行への就職B】みずほ銀行

メガバンク3行の中で一番格が高いはずですが、一番で遅れているみずほ銀行。
今回は選考過程の紹介と強み、弱みをまとめました。

強み弱みについて、詳しくは同行のIRサイトへ。
<強み>
・日本人の大半が銀行口座を保有している(情報が集まりやすい)。
・日本国内の主要上場企業、中堅中小企業と取引がある。
・みずほマイレージ

<弱み>
・収益の源泉となるべき国内預貸金利回りの低下
→国内金融機関はどこも同じ傾向
・国内預金が貸出金額の増加を上回っている(資産効率が落ちている)
→これも国内金融機関は同じ傾向
・マスコミ対策が下手
→本部審査役の不祥事(詐欺事件)、反社会的勢力との取引報道など
・海外展開がメガバンク3行で一番遅れている
・旧行意識が根強く残っている


<選考過程>
みずほ銀行の選考は単純です。

まず、6月下旬にESの締め切りがあって、テストセンターを受験します。
そして、7月中旬に書類選考通過兼一次面接の案内の電話があります。
(学歴フィルターが掛かっています。MARCH、閑閑同立以上であれば、ほとんどの人が通過します。)


1対1の面接が、関東なら6回程度、関西は4回程度の面接のみです。

関西で言うと、
<梅田スカイビルにて>
一次面接 課長クラス
二次面接 副支店長クラス

<富士ビル八階にて>
三次面接 支店長クラス(ここを通過するとほとんど内定)
<(最終なら)日航ホテルの一室にて>

四次面接 採用責任者クラス
最終面接はまったく別の場所(ホテルの一室)で行われるので、これで終わりだと分かるそうです。

内定が出たら、富士ビルに戻って先輩行員の方々から祝福を受けるようです。

みずほ銀行は、一般的にリクルーター制は採用していませんが、囲い込みという意味で一部の優秀な学生に対しては存在しているようです。

それは別の話として、内定への近道があると言われています。

それは、「セミナーになるべく多く参加すること」です。

就活生の中では「スタンプラリー」とも言われています。

どうしてもみずほ銀行に入りたい人は、
学内セミナーも含めて参加できるセミナーや説明会には全て行くことが大切だと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419046525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。