2015年05月16日

銀行員としての覚悟

突然ですが、
「銀行員としての覚悟」って何だと思いますか?

これは就活時代、私が三井住友銀行のリクルーターの方に聞かれたことです。

私は、銀行での仕事は本当にやりがいのある仕事だと思います。
だからこそ、他業界への就職はしませんでした。

この決断は今でも間違ってなかったと思っています。

ただ、銀行の仕事はやりがいのある仕事だけではありません。

銀行員として、一番つらいこと。
もちろん、取引先の倒産もそうです。

しかし、それより辛いことは、
取引先に、「融資(の継続を含めて)出来ない」と、告げなければならない時です。

このブログを見て頂いてる方は就活生が多いと思いますので、
一度、下記の状況への対応を考えてみて下さい。

「今まで良くしてもらっていた取引先の業況が悪化して、取引の継続が出来なくなった」

あなたなら、どう対応しますか?対応できますか?

もちろん正解は人それぞれです。

私なら、銀行内で「対応不可」と結論が出れば、
「すぐお客様の所へ伺い、対応できない旨を伝える」という対応をします。
わかりやすく簡潔にその理由を付けるのを忘れずに。

銀行には、
「悪い結論ほど、なるべく早く回答せよ」という暗黙のルールが有ります。
なぜなら、悪い回答を行う時は、トラブルが起こる可能性が高くなるからです。
また、少しでも早く回答をすることで、他の銀行への相談も早くすることが可能になります。

反対に、もし融資できない事を言わなかったり、言うのが遅れた場合、
もっと悲惨な事がおこるかもしれません。

日本のビジネスは、義理や人情がまだまだ残っています。
それ自体はとても素晴らしいことだと思いますし、失ってはいけない大切なものだと思います。

ただ、銀行員として働く時には、シビアな判断も同じくらい必要になります。

銀行員として働く覚悟、あなたにはありますか?
posted by 現役銀行員 銀次 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419061691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。