2015年05月26日

【日本経済経済新聞】新銀行東京、東京TYと経営統合へ

こうなることは銀行員なら皆分かっていた話。
銀行融資、特に中小企業金融は素人がやれる程甘い世界ではない。

審査が甘ければ、そこに漬け込む輩がいることを肝に銘じるべき。

【日本経済新聞 27.5.26】

 東京都民銀行と八千代銀行を傘下に持つ東京TYフィナンシャルグループと東京都が出資する新銀行東京は、経営統合する方針を固めた。都が持つ新銀行東京の株式と東京TYの株式を交換する方式で、新銀行東京が東京TYの傘下に入る方向だ。東京都は石原慎太郎知事(当時)が肝煎りで始めた銀行参入から10年で事実上撤退する。

 6月中旬にも発表する。東京都民銀、八千代銀、新銀行東京の3行を合わせた総資産は約5兆4千億円。地方銀行で20位程度に位置する。新銀行東京は統合に先立ち寺井宏隆社長が退任、常久秀紀取締役が社長に昇格する人事を内定した。

 新銀行東京は石原都知事の発案で東京都が1000億円を出資して2004年に設立された。ただ融資の審査が甘かったことなどから多額の不良債権を抱えて経営危機に陥り、08年に都が400億円を追加出資して再建を進めていた。

 新銀行東京は現在、一時期の経営危機を脱却、中小企業向けの融資残高も増やしている。東京都としては経営再建のメドが立ったとみて、銀行事業から事実上撤退すると判断したもようだ。

posted by 現役銀行員 銀次 at 23:08| Comment(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。