2015年05月31日

サラリーマンからビジネスマンに変わるために(ランニング編A)

前回の記事の振り返り
サラリーマンとビジネスマンは種類の違う人間。

サラリーマンは、会社の指示、目標値を達成するために働く人(仕事に追われる人間)
ビジネスマンは、会社の指示や目標値に囚われず、自ら課した目標や夢に向かって働く人(仕事を作り出す人間)

一度しか無い人世、仕事に追われるくらいなら、仕事を作り出す方が人生を楽しめると私は思う。

ほとんどの自己啓発に、
エリートビジネスマンは、仕事にも体調管理にも厳しいと書かれている。
体調管理の中でも体型管理には特に厳しい人が多い。
体型管理のため、毎朝ランニングをしている人は驚くほど多い。

ランニングにはダイエット効果と健康面の効果がある。
私はランニングで20キロのダイエットに成功した。
(振り返りここまで)

今回は、健康面の効果と気持ちの変化について

健康面の効果としては、
心肺機能の向上により、体が軽く感じたり、体が疲れにくくなることがあります。
また、デトックス効果によるむくみ解消、美肌効果があります。
そして、睡眠不足の解消にもつながります。

そして、私が一番びっくりしたことは、気持ちの変化についてです。
まず、走ることによりストレス解消につながります。
走ったあとは本当に気持ちいいです。
これにより、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

そして、ランニング最大の効果だと思っているのは、
仕事の効率アップです。

走っている間に前日の仕事内容を思い出し、
今日こなすべきタスクや訪問予定を整理し、それぞれ時間配分や資料の完成イメージを考えます。
そして、始業時間には体だけでなく、頭も起きていますので、
朝から全力投球で仕事のスタートを切ることが出来ます。

ランニングするかどうかは別としても、
朝出社前までに頭の整理が出来ていれば、限られた仕事時間を最大限有効に利用できます。

しかし、仕事が出来ない人は、そもそも朝起きることが苦手な人が多く、
会社に来てから、最悪の場合は、始業時間になってから頭の整理を始めます。
これでは、本格的に体や脳が動き出すのは昼近くになります。

様々なプラスの効果が期待できるランニング。
やらない理由が無いと思うのですが、
大半の人はやりたいと言うものの、色々な理由をつけてやっていないのが実際のところです。
おそらくこれを読んだ人の1%の人しか走ることは無いと思います。

一方、エリートビジネスマンはこの習慣を続けています。
だからこそ、気付いた時には決定的差がついているのだと思います。

天才と呼ばれる人は、努力し続けられる人のこと。
いきなり天才では無いのです。

これはビジネスも同じです。

これを読んだ人の少しでも多くの人が、
ランニングに興味を持って頂ければ幸いです。
posted by 現役銀行員 銀次 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419890138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。