2015年05月31日

企業はなぜ銀行の融資が必要なのかA

前回の記事では、
企業は必ず構造的に運転資金が必要となると書きました。

今回はもう少しだけ詳しく書いてみました。
銀行が企業に対して融資する資金は大きく分けると3種類に分かれます。

@設備・買収資金
これはわかりやすいです。
企業が大規模な設備投資を行う際に、自己資金では賄いきれないので、銀行から融資を受けるときの資金です。
上場企業であっても、まとまった資金が必要な時には銀行の融資に頼ることになります。
長期間での借入が可能となる一方、資金の使途が限定されるので使い勝手はそこまでよくありません。

A赤字補填資金
読んで字の如く、企業の赤字を補填する名目の資金です。
最近ではシャープもこの手の融資を受けていますね。
赤字の会社は今後の業況にも不安があるため、基本的には消極姿勢です。
銀行の融資審査は厳しいですし、当然金利は高くなります。

B経常運転資金
世の中の大半の企業、特に中小企業はこの資金が無ければすぐに資金繰が厳しくなります。
運転資金は基本的に資金使途を定めません。
期間も3年〜5年が標準的で、金利もそこまで高くはないので、
大企業を除けば世の中の99%の企業はこの資金を利用しているのではないでしょうか。

実際にはもっと細かく分ける必要がありますが、
一般的にはここまで知っていれば十分です。

このような資金を銀行は融資することで、銀行収益の大半を占める金利収入を得ています。
しかし、新聞にも書かれていますが、銀行同士の金利競争が一層激しさを増しており、
金利収入は減少傾向。

金利収入を確実に得ながら、
その他の手数料収入も効率よく稼いでいる企業が今後も生き残っていく銀行になるのだと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。