2015年06月06日

【小ネタ】銀行員は潰しがきかない職業

今年も採用活動の一環で就活生と会う機会が増えています。

たまに銀行員の転職活動が話題になることがあります。
その会話の中で、とりあえず銀行員になれば転職もし易いと考えている学生が多いことにビックリさせられます。

はっきり言って、一部のセクションで働く行員を除けば除けば銀行員の転職活動は不利です。

そもそも、銀行の総合職は泥臭い営業しか出来ません。
ビジネスマンの基本であるWord、Excel、PowerPointなどを使う機会はほとんどありません。

なので、転職活動をしたとしても、まず経理などの事務職は無理。
また営業の仕事しか選ぶことが出来ません。

コンサルタント会社という選択肢もありますが、
先程も書いたように泥臭い営業活動しかしていなければ、頭を使った提案営業を行う機会もありませんから、
コンサルタントとして使い物になりません。

もし、銀行員がコンサルタントへの転職を目指すなら、
社会人3年目までに行うべきです。
そこまでであれば、新卒でコンサルタント会社に就職した人に何とか追いつけるかも知れません。

潰しが効くから銀行に就職する、という安易な考えの学生はかなりの割合で存在します。
しかし、実際には転職活動は難しいですし、給料も殆どの場合下がってしまいます。

そのような事実も十分考慮して、就職先は慎重に選んでほしいと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 21:23| Comment(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。