2015年05月04日

ESを具体的に書く

学生さんのESや履歴書を見ていると、
「ここをもっと具体的に知りたい」
「結局どういうこと?もっと分かりやすく書いて欲しい」
と思うことが非常によくあります。

何を見て書いているかは知りたくもありませんが、どれも抽象的すぎます。
だから、結果的には人柄も何も伝わらず、不採用候補に挙がることになります。

では、「具体的」ってどういうことだと思いますか?

私の師匠である将来塾の柳本さんは、具体的について、こう定義づけされています。

「あなたを知らない人でも、あなたの人柄が伝わること」

「知らない人にでも伝わる(理解できる)」ことが具体的に書くということだと。

私は、「小学5年生の子供に説明するつもりで書く」ということをお勧めしています。

具体的に書くって難しいです。
具体的に書いたつもりでも、ほとんどの場合、具体的に書けてはいないんです。

話が長い、難しい。
学生言葉を使っている。

そんな文章を書く時点で具体性はありません。

でも、同じ内容を何も知識の無い子供に伝えるとしたら、
しっかり説明しないと理解してくれないので、必死に考えるはずです。

具体的のレベル感ってそんなものです。

あなたのESをもう一度見直してみて下さい。
自分や仲間だけが分かる文章になっていませんか?
posted by 現役銀行員 銀次 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ES 履歴書 エントリーシート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ES対策C 銀行のエントリーシートの書き方

今回は銀行のES書き方です。

銀行は基本的に人物重視の採用方針です。
そのため、ESで落とされる心配はあまりしなくていいと思います。

銀行が求める人物像(総合職)は、
誠実(最重要)
明るい
前向き
リーダーシップ性

あたりかと思います。

当然職種によって若干の違いはありますが、
職種間の垣根が低くなっている今、大差はないと言っていいと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ES 履歴書 エントリーシート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ESはこだわった表現を使おう!

以前から書いている通り、
ESや履歴書は学生と企業をつなぐ大切なラブレターです。

特にESを書く段階で大事にして欲しいのは、

一つひとつの表現にこだわって文章を作る

ということです。

表現次第で、同じ出来事なのに、実際の何倍も良い印象を与えることが出来ます。

私の先輩に、大学時代はたいして頑張ったこともなく、ナンパが趣味の方がいました。

そんなどうしようもない先輩でしたが、
バイトだけは4年間ガソリンスタンドで続けていました。

そして、そこで起こったある一つの出来事をESに書いただけで、

某大手コーヒーチェーンに内定を貰いました。

その出来事、
簡潔に書けば
「ただ家にあった積み木を、子供たちが待ち時間に遊べるように持って行った」だけです。

ESは表現が命!

嘘はダメですが、同じ出来事でもなるべくこだわった表現を使って企業にぶつけて欲しいと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ES 履歴書 エントリーシート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。