2015年06月12日

要注意!電話アポイントの時点から選考は始まっている!

いよいよ就職活動も折り返し時点に入っていますね。

今日はこの時期に必ず注意しないといけない、企業からの電話応対についてです。

選考がスタートすると、企業からセミナーや選考の案内電話を受ける機会が増えてくると思います。

皆さんは気付かないでしょうが、企業からすればこの電話の時点から選考はスタートしています。

前触れも無くいきなり電話をかける企業にも責任はありますが、最初の応対は非常に大事です。

この時期限定でいいですから、知らない番号や、非通知で掛かってきた電話には、まず、「◯◯大学の◯◯です」と明るく名乗りましょう。

今までの経験上、名乗る学生は全体の3割程度ですが、これだけでプラス評価になります。

反対に、ただ単に「はい」と応えるだけだと、その時点で評価はダダ下がりです。

また、その後の応対も重要です。

友達と話すようなタメ口や馴れ馴れしい話し方をすれば、最悪の場合、その時点で不採用とするケースすらあります。

私の会社では、アポイントの時点で落とす事はしませんが、応対の悪い学生の名前はチェックしていて、面接の評価がよっぽど高くなければ不採用としています。

その他、電話に関して注意すべきことは、
@非通知拒否設定をしない
A留守番電話設定(契約)をしておく
Bなるべく電話に出る
ということが挙げられます。

もし、電話に出れなければ、アポイント対象の名簿が一周するまで電話は掛かってきません。
当然、面接のコマも限られてしまいます。
もし不在着信に気付いた際、通知の番号であれば、なるべく早く掛け直しの電話をして下さいね。

企業によっては、2度と掛かって来ないケースもありますから。
posted by 現役銀行員 銀次 at 12:12| Comment(1) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

内定が欲しい人へ

いわゆる就活本とは、
自己分析の方法や、ESの書き方、面接の受け答えなどの、就活のマニュアル本を指します。

有名どころだと、
「絶対内定シリーズ」、「高○シリーズ」などがあります。

この本の共通点ってなんでしょうか。

売れ筋と言われている就活本は、例外なく、「シリーズ化」されています!!

これには理由があります。
皆さんは、今までに受験勉強を一度は経験されていると思いますが、
その時の問題集は科目ごとだったり分野ごとだったりはありますが、
大体シリーズ化されていませんでしたか?

そう、受験勉強漬けだった皆さんの頭には(もちろん私も最初はそうでしたよ)、

勉強=段階を踏んで、成績が上がる

そのためには問題集をやる必要がある

「基礎 → 標準 → 応用」と、レベルを上げていく必要がある。
という公式が出来上がっているのです。

そして、それがさも就活にもあてはまるように
皆さんは、出版社の完璧なマーケティング戦略の下に、就活本が内定のためには必要だと、思い込まされているのです。

就活生は、内定がもらえるか皆不安ですから、ついつい本屋で買ってしまうのです。
内定を取るためには、何か少しでもしないといけないと思ってるんですよね。

ただ、就活本にろくな本はありません。
就活本を買うお金があるなら、OB訪問のための交通費にした方が価値があると思います。

あえて読むなら、以下の2冊で十分だと思います。
どちらも知り合いの方ですが、就活で儲けようとしていないので、就活の真実だけが書いてあります。





posted by 現役銀行員 銀次 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

リクルーター制度の是非

前回は、リクルーター制度について書きました。

リクルーターとは採用時期に人事担当者の補助業務として任務にあたる社員のことで、
リクルーターによる評価は、選考の結果に大きく影響しています。

この制度をめぐっては、その是非を巡って意見が対立しています。

なぜなら、リクルーター制度は、学歴差別に直結しているからです。

リクルーターは、採用したい大学のOBOGが任命されるのが一般的です。
そもそも採用実績のない大学には採用枠そのものがないのです。

もちろん、効率的に優秀な学生を採用するためには、
偏差値の高い大学から採用するのが手っ取り早いという考えはある意味正しい選択だと思います。

個人的には、偏差値がそこまで高くない大学に通う学生さんの中にも、優秀な人はいると思います。

結果的に偏差値上位校から採用するにしても、最初から門戸を絞ってしまうのは如何なものかと。

ただ残念なことに、
最初からそういう企業への就職を諦めてしまっている学生さんが多いのもまた事実です。
posted by 現役銀行員 銀次 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。