2015年05月05日

企業の実態を知る方法

前回のブログで、企業の説明会やセミナーでは、その企業についての間違ったイメージを持ってしまう可能性があると書きました。

では、企業の本当のイメージ、実態を知るためにはどうすればいいのでしょうか。

企業の実態を知る方法、
それはOBOG訪問が一番だと思います。

大抵のキャリアセンターに行けば、興味のある企業についてのOBを紹介してくれるでしょう。

※もし、その企業の先輩が1人もいなければ、もしかするとその大学から内定を貰うのは難しいかも知れません。

OB側からしても、同じ大学の後輩なら、と色々本音で話してくれることが多いです。
それを何度も繰り返していくうちに、その企業の正しいイメージや実態を知る事が出来ると思います。

OB訪問は大事大事と言われながら、ほとんどの学生がやっていません。
これを機会に皆さんも始めてみれば如何でしょう??
posted by 現役銀行員 銀次 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

説明会やセミナーから生まれる勘違い

前回の記事で、会社説明会やセミナーに出て来るのは社内でも優秀な社員だと書きました。

そして、その社員の方が話す内容は話半分程度で聞くのがちょうどいいとも書きました。

なぜそうする必要があるかと言えば、企業の誤ったイメージを持つ可能性があるからです。

企業にとって、
採用活動は必要な人材の採用(リクルーティング)と今後の潜在顧客の開拓にあります。

説明会やセミナーに行けば、殆どの会社のイメージは良くなるでしょう。
それは当然ですよね、企業は敢えて良いイメージを学生さんに植え付けているのですから。

では、その企業の実態を知るためにはどうすればいいのか。
次回はそのことについて書いてみたいと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

説明会やセミナーに登場する社員は・・・

会社説明会やセミナーに出ている人を見て、皆さんどんな印象を持ちますか??

凄い経験してるな〜とか、

キラキラ輝いてるなぁ〜とか、

とにかくいい印象を持つのでは無いでしょうか?


説明会やセミナーに出ている人、
それはその会社を代表するエース級の人が出てきます。

考えてみれば当然ですよね。
前回の記事にも書きましたが、説明会やセミナーは会社側からしても学生と接点を持つ貴重な機会です。
であれば、会社の印象を良くするような優秀な社員しか出て来ないですよね。

そして、その優秀な社員が会社側から『会社のいいことだけを言うように』と言われていたらどういう話をするか。

それは、『会社の悪い面までも良いことであるかのように話を変えて、それはもう良い会社なんだ』という話になるでしょう。
しかも、出来る社員だから、余計に説得力が出てしまうという結果を生むことになります。

学生さんは、このことをまず知って、話半分くらいの気持ちでいないと、色んな勘違いや妄想を生むことになります。

その勘違いや妄想についてはまた今度。
posted by 現役銀行員 銀次 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。