2015年05月07日

【WEBテスト】裏に潜む企業の思惑

WEBテストは、毎年様々なテストが投入されていますが、

昔からの有名所は、
玉手箱
WEBテスティングサービス
TG−WEB
の3つあたりでしょうか。

どれも、SPIノートの会シリーズで対策すれば十分だと思います。

協力プレーで乗り切って下さい!

前回の記事でも書きましたが、
替え玉も横行するWEBテスト、果たして何のために存在しているか?

友人や他社の人事担当者が口を揃えて言っていたのは、

「学歴フィルター」をかけるためです。

その証拠に、とある企業のWEBテストで、私の大学の後輩の中にWEBテストに落ちた人はいませんでした。
しかし、他大学の友人が落ちていました。(決して彼が頭が悪いということはありません!!)

というよりも、
企業はWEBテストで所謂頭のいい国私立大学の人を落とせるわけがないからです。

それは、WEBで受験できる便利さゆえに起こることなのですが
WEBテストは誰が受験しているか分からない

すなわち、本人が受けているか分からない。

もっと言えば、何人で受けているかすら分からないのです!!!

上に挙げたテストは、
テスト開始直後からひとつの画面で全ての問題を最初から見ることが出来ます。

つまり、
本人が最初から、友達が最後から解けば、本来の半分の時間で全問回答が可能になるのです。


また、
パソコン上で受験可能=画面のキャプチャー可能

つまり、
問題入手=受ける前から答えが分かるのです。

実際、上記の大学では当たり前のようにWEBテストの問題が出回っています。

今回紹介したのは、数あるWEBテストの裏技(落とし穴)のごく一部に過ぎません。

そして、
もちろんこれを勧めるつもりはありません。
一応、規定では禁止事項ですので。

最も、これを実行する学生だけが悪いのではありません。
これを作っているテスト会社にも責任があると私は思います。

問題数が圧倒的に少なく、問題がすぐに被ること。
しかも、同じ問題を何年も使いまわしています。

テスト会社は企業から相当高額なお金を取ってテストを実施している訳ですから、
怠慢と言われても仕方ありません。

もっとしっかりとしたものを提供して欲しいと常々思ってしまいます。
posted by 現役銀行員 銀次 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI 筆記試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【WEBテスト】替え玉受験について

以前、こんな記事が掲載されていました。
【3月11日 J-CASTニュース】
就活中の大学生が選考過程でwebテストを受ける際、「替え玉」を使っている人がいるらしい。最近では上智大学の学生がブログで「不正」を告白する騒ぎがあったばかり。専門家は、採用時の面接重視を踏まえた上で、「プロの面接官であれば、どんな人物かを見分けていく」とも指摘する。

 朝日新聞の投書欄「声」には、「webテスト不正 横行絶て」と題した記事が掲載された。投稿者は就活中の大学3年生だ。今は志望企業へ応募書類を送る毎日だが、企業によってはwebテストを課すところがある。webテストとは、言語や計数の能力を問うテスト、本人の性格を見る検査で構成される適性検査のことだ。

■数学は理系の学生に、英語は留学経験者に

 投書の中で「この試験には大きな弊害を伴っています」と指摘している。インターネットが整った環境であれば、どこでも受験できる試験もあるからだ。そのため、大学のパソコン室では1台のパソコン画面を数人が取り囲み、受験者を手伝っている光景を目にしたこともあると明かしている。

 数学は理系の学生に、英語は留学経験者に任せるという具合だった。ほかにも、親が代わりに答え、内定が出たという話も聞いたらしい。こうした不正を絶つために工夫するか、いっそのことやめた方がいいのではないか、と提案している。

 同様の話は以前も、上智大学学生がブログで告白し、「炎上」したばかりだ。この人の場合は「計数」が苦手で、いくつか友人に助けてもらった。試験に落とされてしまったら、面接にすら進むことができないので、「話」にならないという危機感があったようだ。もっともその後、ネット掲示板「2ちゃんねる」でも騒ぎになり、コメント欄には書き込みが殺到、ブログは閉鎖された。

 いずれにしても、こうした話はよくあるのだろうか――。

■一貫性感じられなければ面接官はどんどん突っ込んでくる

 就活総合研究所およびヴィベアータ代表で、人事コンサルタントの新田龍さんは「環境さえ整えば受験できるので、いることはいると思います。でも、多いかどうかはわからない」と話す。一方、就活中だという早稲田大学3年生は「話にはよく聞くが、実際に受験したという人は知らない。替え玉するほどの試験ではないとも思う」といい、上智大学4年生は「そんなこと思いつかなかったよ」と驚いている。

webテストの目的は、何万人もの志望者からの絞り込みにある。だが、新田さんはこう続ける。

 「webテストだけが選考ではありません。場合によっては別の筆記試験がさらにあり、面接へと続くわけです。webテストではいわゆる言語・非言語テストと性格診断のテストを行います。面接の場で重視されるのが性格診断のテスト。これをもとにして、学生の志向性や考え方を見ていきます」

 その際、面接官は矛盾点がないかを確認し、自社にあう人物かを見極めていく。

  「適性試験によって得られた成績や性格に一貫性が感じられなければ、面接官はどんどん突っ込んでいきます。プロの面接官であれば、どんな人物かをある程度、見分けることができると思います。ずれがある人は結局、その後の過程ではじかれていくわけです」

<転載終了>

この、自分で告白した上智大の3年生は偉いと思います。

素直に自分のしたことを認めるのは素晴らしいです。

私が気になったのは、
むしろ、何も知らなかったと言う4年生です。

就活生で、WEBテストの替え玉受験を知らないなんてありえません。


本当に知らなければ、
その学生さんは一人で就活をされていたのかもしれません。

就活は1人でするものではないと思います。

就職活動だけでなく、
そもそも仕事とは、その人の能力云々よりも、周りとの協力プレーの上で成り立つものです。

社会では、自分が不得意なものを無理にしなくてもいい。
むしろ、得意な人に任せればいいのです。

その代わり、別のことでお礼はきちんとすることを忘れずに。

何を私が言わんとしているかわかると思いますが、
WEBテストは人事担当者サイドも、1人でやっているなんて鼻から信じていません。
面接で能力の有無や、性格、適性はほぼ分かります。

なので、協力プレーで就活を乗り切って欲しいなと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI 筆記試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

就活の筆記試験についてA

前の記事では、時間を有効活用して、就職試験対策をして欲しいと書きました。

しかし、筆記試験と一口に言っても、その種類は様々です。

おそらく普通に皆さんが受けるテストだけでも、
10種類以上のテストを受けるのではないかいます。

全部対策する必要があるの?
と心配される方も多いのではないかと思います。

就活は準備が命。
まずは、自分が受けたい会社がどのテストを採用しているかを知り、
効率的に対策を進める必要があります。

それを知るには、



がベストです。

有名企業がどの形式の試験を出題したかが掲載されています。

時間は有限です。
まずは相手を知り、対策を進めて下さい。
posted by 現役銀行員 銀次 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SPI 筆記試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。