2015年05月31日

【小ネタ】銀行員の平均年収は本当に高いのか?

銀行の平均年収についてまとめてみました。
以下がエクセルシートで作った主要銀行の平均年収リストです。
比較のため、政府系金融機関の年収も載せてみました。

スクリーンショット 2015-05-31 20.57.13.png

すぐ平均年収に目が行きますが、
このような資料を見る上で注目すべきは従業員数と平均年齢です。

これらの企業では新卒一括採用で大半の人員を採用しますから、
平均年齢=22.5歳+平均勤続年数あたりになるのが一般的です。

その点から考えれば、三井住友銀行と三井住友信託銀行は平均年収こそ高いですが、
従業員数が少なく、しかも平均年齢が低いということが分かると思います。

銀行業界で平均年齢が低いのは、それだけ離職者数が多いのと、関連会社等への出向が早いということです。
平均年収が高くても、平均年齢が低ければ、生涯年収も低くなるので、
トータルで考えればあまり差が無いのではないでしょうか。

また、銀行全体に言えることですが、平均年齢が低いことが特徴的です。
公務員は離職率が極端に低く、人員構成も一般企業より年代による差が無いので、
42〜44歳が平均年齢になります。
その点、主要銀行の平均年齢は36歳〜40.8歳と、平均には及びません。

銀行業界は、給料だけは高いと言われますが、
生涯年収にすれば他の業界に比べれば全然高くないと思います。

給料が高いことを銀行の志望理由に挙げる人がたまにいますが、
とんでもない間違いです。

知らぬが仏ということもありますが、
一度しか無い新卒切符で就活をするのであれば、本当の話を知った上で検討するのも悪くないのでしょうか。
posted by 現役銀行員 銀次 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

東洋経済 平均年収ランキング

【東洋経済オンラインより引用】83D5C1AE-3904-4177-B466-A13086B48125.jpg
この手のランキングを見る時には、注意が必要です。

@純粋持株会社かどうか
純粋持株会社は基本的には役員のみで構成されるため、平均年齢が高く、人数が少ないので平均年収は高くなります。

A平均年齢
平均年齢が30代前半の場合、給料は多いかもしれないですが、離職率が高い会社の可能性があります。

B従業員数が少ない
少数精鋭の会社可能性が高く、求められるスキルがとても高いかもしれません。

このような中で、純粋持株会社ではなく、従業員数が多いにもかかわらず給料が多ければ、全体的に平均年収の高い会社だと判断していいと思います。

posted by 現役銀行員 銀次 at 13:25| Comment(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

低年収、『薄給企業』の実情

59777463-7AA7-43CF-9EE7-9095D06954FC.jpg

上記は上場企業の『低年収』ランキングです。

驚く程低い年収水準ですが、これには色々と理由があります。

@業種特性
A現場も正社員
B地方企業
C女性比率

これらの要因によって有価証券報告書に掲載される年収は、実態と大きく変わった数字になることがあるので注意が必要です。

これは銀行も然り。
大手行は大体750万前後の平均年収になっていますが、実際には一般職の女性が相当数含まれるので実態を表した金額ではありません。

年収750万というと、メガバンクの総合職だと、おおよそ入行後5年目で受け取る水準です。
これを多いと見るか、少ないと見るかは人それぞれですが、それなりの仕事量、結果を求められる仕事ではあります。

『平均年収』はあてにならないので、本当の年収が知りたければ、その会社で働いている方にお聞きするのが一番だと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 11:20| Comment(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。