2015年05月31日

企業はなぜ銀行の融資が必要なのか@

よく学生から受ける質問の中で、
「そもそも、なぜ企業は銀行からお金借りないといけないのか」と聞かれる事があります。

答えは簡単です。
「銀行からお金を借りないと資金が回らない仕組みになっているから」です。

一般的な製造業を想定してみてください。
ある商品を作ろうとする時、まず原材料を仕入れます。
(この時、支払債務(買掛金、支払手形)が発生します。)

次に原材料を加工して、商品にします。
そして、出来上がった商品を持って営業活動を行い、商品が売れるとします。
(この際、受取債権(売掛金、受取手形)が発生します。)

企業はこのプロセスを絶え間なく繰り返すことで成り立っています。
そして、資金が必要となる理由がここに凝縮されています

「受取債権+滞留在庫ー支払債務」の式で表すのですが、
これは運転資金必要額を求めるためのものです。

どこの上場企業の決算書を見てもいいですが、
一度この式を当てはめて下さい。

必ず0以上の数字になるはずです。
※ここがプラスになるのは、飲食業などの一部サービス業だけです。

この資金を自己資金で賄えればいいのですが、
世の中の大半の中小企業はそれが出来ません。

だからこそ資金が必要となるのであり、
多くの銀行が乱立し、不毛な金利競争を日々強いられている理由でもあるのですが。

長くなったので、
資金の種類については次回書くことにします。
posted by 現役銀行員 銀次 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】銀行員の平均年収は本当に高いのか?

銀行の平均年収についてまとめてみました。
以下がエクセルシートで作った主要銀行の平均年収リストです。
比較のため、政府系金融機関の年収も載せてみました。

スクリーンショット 2015-05-31 20.57.13.png

すぐ平均年収に目が行きますが、
このような資料を見る上で注目すべきは従業員数と平均年齢です。

これらの企業では新卒一括採用で大半の人員を採用しますから、
平均年齢=22.5歳+平均勤続年数あたりになるのが一般的です。

その点から考えれば、三井住友銀行と三井住友信託銀行は平均年収こそ高いですが、
従業員数が少なく、しかも平均年齢が低いということが分かると思います。

銀行業界で平均年齢が低いのは、それだけ離職者数が多いのと、関連会社等への出向が早いということです。
平均年収が高くても、平均年齢が低ければ、生涯年収も低くなるので、
トータルで考えればあまり差が無いのではないでしょうか。

また、銀行全体に言えることですが、平均年齢が低いことが特徴的です。
公務員は離職率が極端に低く、人員構成も一般企業より年代による差が無いので、
42〜44歳が平均年齢になります。
その点、主要銀行の平均年齢は36歳〜40.8歳と、平均には及びません。

銀行業界は、給料だけは高いと言われますが、
生涯年収にすれば他の業界に比べれば全然高くないと思います。

給料が高いことを銀行の志望理由に挙げる人がたまにいますが、
とんでもない間違いです。

知らぬが仏ということもありますが、
一度しか無い新卒切符で就活をするのであれば、本当の話を知った上で検討するのも悪くないのでしょうか。
posted by 現役銀行員 銀次 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラリーマンからビジネスマンに変わるために(ランニング編A)

前回の記事の振り返り
サラリーマンとビジネスマンは種類の違う人間。

サラリーマンは、会社の指示、目標値を達成するために働く人(仕事に追われる人間)
ビジネスマンは、会社の指示や目標値に囚われず、自ら課した目標や夢に向かって働く人(仕事を作り出す人間)

一度しか無い人世、仕事に追われるくらいなら、仕事を作り出す方が人生を楽しめると私は思う。

ほとんどの自己啓発に、
エリートビジネスマンは、仕事にも体調管理にも厳しいと書かれている。
体調管理の中でも体型管理には特に厳しい人が多い。
体型管理のため、毎朝ランニングをしている人は驚くほど多い。

ランニングにはダイエット効果と健康面の効果がある。
私はランニングで20キロのダイエットに成功した。
(振り返りここまで)

今回は、健康面の効果と気持ちの変化について

健康面の効果としては、
心肺機能の向上により、体が軽く感じたり、体が疲れにくくなることがあります。
また、デトックス効果によるむくみ解消、美肌効果があります。
そして、睡眠不足の解消にもつながります。

そして、私が一番びっくりしたことは、気持ちの変化についてです。
まず、走ることによりストレス解消につながります。
走ったあとは本当に気持ちいいです。
これにより、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

そして、ランニング最大の効果だと思っているのは、
仕事の効率アップです。

走っている間に前日の仕事内容を思い出し、
今日こなすべきタスクや訪問予定を整理し、それぞれ時間配分や資料の完成イメージを考えます。
そして、始業時間には体だけでなく、頭も起きていますので、
朝から全力投球で仕事のスタートを切ることが出来ます。

ランニングするかどうかは別としても、
朝出社前までに頭の整理が出来ていれば、限られた仕事時間を最大限有効に利用できます。

しかし、仕事が出来ない人は、そもそも朝起きることが苦手な人が多く、
会社に来てから、最悪の場合は、始業時間になってから頭の整理を始めます。
これでは、本格的に体や脳が動き出すのは昼近くになります。

様々なプラスの効果が期待できるランニング。
やらない理由が無いと思うのですが、
大半の人はやりたいと言うものの、色々な理由をつけてやっていないのが実際のところです。
おそらくこれを読んだ人の1%の人しか走ることは無いと思います。

一方、エリートビジネスマンはこの習慣を続けています。
だからこそ、気付いた時には決定的差がついているのだと思います。

天才と呼ばれる人は、努力し続けられる人のこと。
いきなり天才では無いのです。

これはビジネスも同じです。

これを読んだ人の少しでも多くの人が、
ランニングに興味を持って頂ければ幸いです。
posted by 現役銀行員 銀次 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。