2015年05月29日

東洋経済 平均年収ランキング

【東洋経済オンラインより引用】83D5C1AE-3904-4177-B466-A13086B48125.jpg
この手のランキングを見る時には、注意が必要です。

@純粋持株会社かどうか
純粋持株会社は基本的には役員のみで構成されるため、平均年齢が高く、人数が少ないので平均年収は高くなります。

A平均年齢
平均年齢が30代前半の場合、給料は多いかもしれないですが、離職率が高い会社の可能性があります。

B従業員数が少ない
少数精鋭の会社可能性が高く、求められるスキルがとても高いかもしれません。

このような中で、純粋持株会社ではなく、従業員数が多いにもかかわらず給料が多ければ、全体的に平均年収の高い会社だと判断していいと思います。

posted by 現役銀行員 銀次 at 13:25| Comment(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

低年収、『薄給企業』の実情

59777463-7AA7-43CF-9EE7-9095D06954FC.jpg

上記は上場企業の『低年収』ランキングです。

驚く程低い年収水準ですが、これには色々と理由があります。

@業種特性
A現場も正社員
B地方企業
C女性比率

これらの要因によって有価証券報告書に掲載される年収は、実態と大きく変わった数字になることがあるので注意が必要です。

これは銀行も然り。
大手行は大体750万前後の平均年収になっていますが、実際には一般職の女性が相当数含まれるので実態を表した金額ではありません。

年収750万というと、メガバンクの総合職だと、おおよそ入行後5年目で受け取る水準です。
これを多いと見るか、少ないと見るかは人それぞれですが、それなりの仕事量、結果を求められる仕事ではあります。

『平均年収』はあてにならないので、本当の年収が知りたければ、その会社で働いている方にお聞きするのが一番だと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 11:20| Comment(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

【日本経済経済新聞】新銀行東京、東京TYと経営統合へ

こうなることは銀行員なら皆分かっていた話。
銀行融資、特に中小企業金融は素人がやれる程甘い世界ではない。

審査が甘ければ、そこに漬け込む輩がいることを肝に銘じるべき。

【日本経済新聞 27.5.26】

 東京都民銀行と八千代銀行を傘下に持つ東京TYフィナンシャルグループと東京都が出資する新銀行東京は、経営統合する方針を固めた。都が持つ新銀行東京の株式と東京TYの株式を交換する方式で、新銀行東京が東京TYの傘下に入る方向だ。東京都は石原慎太郎知事(当時)が肝煎りで始めた銀行参入から10年で事実上撤退する。

 6月中旬にも発表する。東京都民銀、八千代銀、新銀行東京の3行を合わせた総資産は約5兆4千億円。地方銀行で20位程度に位置する。新銀行東京は統合に先立ち寺井宏隆社長が退任、常久秀紀取締役が社長に昇格する人事を内定した。

 新銀行東京は石原都知事の発案で東京都が1000億円を出資して2004年に設立された。ただ融資の審査が甘かったことなどから多額の不良債権を抱えて経営危機に陥り、08年に都が400億円を追加出資して再建を進めていた。

 新銀行東京は現在、一時期の経営危機を脱却、中小企業向けの融資残高も増やしている。東京都としては経営再建のメドが立ったとみて、銀行事業から事実上撤退すると判断したもようだ。

posted by 現役銀行員 銀次 at 23:08| Comment(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。