2015年05月16日

銀行の志望理由を考える

今回の記事は、銀行にかぎらず、金融業界を目指す人なら知っていて損はないお話です。

銀行を志望する場合、4つの段階で志望動機を考える必要となります。

これは面接で必ず聞かれるので、
自分なりの理由を用意しておいて下さい。


1.なぜ金融業界なのか?

数ある業界の中で、なぜ金融業界に興味を持ったのかということを示す必要があります。
これはどこの業界でも必要です。

2.なぜ銀行(証券、生保、損保)なのか?

金融業界と言っても、銀行、信託、証券、損保、生保等、いろんな道があります。
なぜ銀行なのかということは、しっかり示す必要があるでしょう。

3.なぜメガ/地銀/信金/政府系金融機関なのか?

ここからは、かなり具体的になります。

とてもざっくりですが、
メガなら、世界規模で大きな仕事が出来る
地銀/信金なら、地域密着型金融なので、地域の人々に貢献できる
政府系なら、商業銀行が手を出せないところまで融資を出来るので、他の銀行に比べて役に立てる可能性がある
といった具合です。

4.なぜその銀行なのか?

最後の段階です。
その銀行に勤めている人は、基本的には自分の銀行が一番いいと思っているはずです。

しっかりと、なぜそこに行きたいのかということを話して下さい。
行員の姿、経営方針、社長など、
自分なりの言葉で真剣に考えて欲しいと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀行員としての覚悟

突然ですが、
「銀行員としての覚悟」って何だと思いますか?

これは就活時代、私が三井住友銀行のリクルーターの方に聞かれたことです。

私は、銀行での仕事は本当にやりがいのある仕事だと思います。
だからこそ、他業界への就職はしませんでした。

この決断は今でも間違ってなかったと思っています。

ただ、銀行の仕事はやりがいのある仕事だけではありません。

銀行員として、一番つらいこと。
もちろん、取引先の倒産もそうです。

しかし、それより辛いことは、
取引先に、「融資(の継続を含めて)出来ない」と、告げなければならない時です。

このブログを見て頂いてる方は就活生が多いと思いますので、
一度、下記の状況への対応を考えてみて下さい。

「今まで良くしてもらっていた取引先の業況が悪化して、取引の継続が出来なくなった」

あなたなら、どう対応しますか?対応できますか?

もちろん正解は人それぞれです。

私なら、銀行内で「対応不可」と結論が出れば、
「すぐお客様の所へ伺い、対応できない旨を伝える」という対応をします。
わかりやすく簡潔にその理由を付けるのを忘れずに。

銀行には、
「悪い結論ほど、なるべく早く回答せよ」という暗黙のルールが有ります。
なぜなら、悪い回答を行う時は、トラブルが起こる可能性が高くなるからです。
また、少しでも早く回答をすることで、他の銀行への相談も早くすることが可能になります。

反対に、もし融資できない事を言わなかったり、言うのが遅れた場合、
もっと悲惨な事がおこるかもしれません。

日本のビジネスは、義理や人情がまだまだ残っています。
それ自体はとても素晴らしいことだと思いますし、失ってはいけない大切なものだと思います。

ただ、銀行員として働く時には、シビアな判断も同じくらい必要になります。

銀行員として働く覚悟、あなたにはありますか?
posted by 現役銀行員 銀次 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日経新聞】5大銀行、成長戦略で差〜海外や金融商品貢献 前期純利益、三菱UFJ1兆円超え 3行は減益

日本経済新聞 平成27年5月16日朝刊より引用
(以下引用)
五大銀行グループの2015年3月期決算が15日、出そろった。連結純利益で比べると、邦銀で初めて1兆円超えを達成した三菱UFJフィナンシャル・グループと三井住友トラスト・ホールディングスが増益となった一方、残り3グループは減益となった。海外事業の買収戦略や金融商品の販売などで差が付いた。

 三菱UFJの連結純利益は5%増の1兆337億円。三井住友トラストは16%増の1596億円だった。一方、三井住友フィナンシャルグループは10%減の7536億円、みずほフィナンシャルグループも11%減の6119億円。りそなホールディングスは4%減の2114億円だった。5グループ合算の連結純利益は3%減の2兆7704億円。

 三菱UFJはタイのアユタヤ銀行などの買収が奏功した。傘下銀行の業務粗利益に占める海外収益比率は15年3月期に45%に達した。海外事業は今後3年間も「3割を超える増益を計画している」(平野信行社長)。

 三井住友トラストの好調を支えたのは景気回復の流れを受けた金融商品の販売増だ。傘下の三井住友信託銀行は運用商品の残高が伸びて管理手数料が積み上がっている。ラップ口座(投資一任運用商品)の利用が増えて収益改善に貢献した。

 減益だった3グループでも収益改善の芽は出ている。三井住友銀行の貸出残高は68兆2743億円と8%増え、3メガ銀で増加率が最も高い。「企業の設備投資が出ており大きなチャンスが生まれている」(三井住友FGの宮田孝一社長)。異次元緩和で貸出利回りと預金金利との差(利ざや)は縮小傾向だが「量」が収益を補いつつある。

 みずほは決済や外国為替業務などの非金利収入が5880億円と1割増えた。融資先企業が利用する資金決済や事業承継手続きの手数料が増えており「金融のモデルが単純な貸し出しから総合コンサルティングに移りつつある」(みずほFGの佐藤康博社長)。株価上昇などを受け傘下のみずほ証券も好調だった。りそなHDは投信などの販売額が1.6兆円と4%増えた。長引く大規模な金融緩和を背景に、国内の貸し出し利ざやは今後も縮小傾向が予想される。「横並び」で大量保有する国債の売買益に頼っていたメガバンクは成長戦略の巧拙を問われる時期にさしかかっている。
(以上、引用終了)

就活生の話を聞いていると、「銀行はどこも同じだ」、「人が違う」とよく言っていますが、
やはり勉強不足だと思ってしまいます。

銀行は、目指す方向性やその戦略によって、いま大きく差が開こうとしています。

自分が銀行で何をしたいのか、
また、何を目指すのかということについて十分検討した上で、どの銀行を第一志望にするのか考えるべきだと思います。
posted by 現役銀行員 銀次 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。